転職活動における職務経歴書の書き方で重要な7つのポイント

 転職活動を行う場合は、履歴書の志望動機欄の内容はもちろん、職務経歴書の書き方が重要になってきます。基本的には以下の7つのポイントに気を付ける必要があります。

 まず1つ目は、履歴書・職務経歴書の内容を基準に書類選考は行われますから、企業の担当者が「この人を採用したい」と思わせる、ポイントを抑えた書類を作成することが重要です。

 2つ目は、面接で受ける質問等を常に意識して作成を心掛けてください。

 3つ目は、経歴の羅列に終わらず、実績は具体的に数字化することでアピール度が増します。

 4つ目は、企業研究をしっかり行い、企業ニーズに合った内容を心掛けることです。

 5つ目は、自分の経験が応募企業でどのように活かせるかをしっかり主張することです。前職での具体的なエピソード等も交えて強調すると、説得力が増します。

 6つ目は、要約や見出し等を利用して項目別に分け、担当者が一目でわかる書類作成を常に心がけることです。転職は自分を売り込むプレゼンのようなものです。

 理論的に相手を説得できる能力を書類作成の段階からアピールしましょう。最後の7つ目は、担当者の立場になって読み返すことです。

 自分での判断が難しい場合は、転職専門会社の担当者にアドバイスしてもらうことも必要です。