地域格差はどれくらい?働く場所によって異なる転職活動のアレコレ

 転職を行う際に地方と都市部のどちらで働くかと考える人は多いはずです。求人欄を閲覧すると、確かに地方に比べて都市部では給与額が高い案件が多数あります。

 ちなみに、東京の平均年収は600万円台である一方、北海道の平均年収は400万円台と、地域格差は確かにあります。

 しかし、家賃の相場や生活費等の平均物価などトータルの手取り額を常に考慮に入れておかなければ、たとえ希望の転職先に就職できたとしても後々の不安が残ります。

 子供がいる場合は教育費がかかりますし、地域格差も当然あります。自分の将来の居住地周辺での平均支出等もしっかりと調査して、転職後の生活面に関しても十分考慮する必要があります。

 また求人に関しては、都市部では様々な職種・勤め先がある一方、地方は激戦区と言えるでしょう。最近は景気上昇傾向にありますので求人は以前よりも増えていると言えますが、企業側もより優秀な人材を求めていることから厳しいという点に変わりはありません。

 自分が本当にやりたい仕事と就職後の生活面を比較検討し、より重視している点を選択する方が、後々のために良いですし、仕事も継続していけるでしょう。人材派遣会社も様々な情報を有していますので、転職活動中に気軽に質問をしたり相談することも大切です。