どこで働くのが良い? 転職先を決める前に絶対に確認すべきこと

 転職というのは誰にとっても大きなエネルギーを使うイベントです。場合によっては引っ越しも必要になりますし、全く未経験の業界であればその分緊張もあり疲れやすく感じます。

 この転職先を決める際に多くの人が重視するのがやはり給料です。今の待遇では満足できず転職を決意するという話はよくありますし、待遇の中で不満を持ちやすいのはやはり給料や休日日数です。

 働いていた会社と同業界であれば経験があり採用されやすいメリットがあります。業界の事情や支給額の相場もある程度は把握できているでしょうから、未経験の世界に飛び込むよりは動きやすいかもしれません。

 そうしたときに待遇を改善しようとすると、どうしても都心の方の求人に注目してしまいます。というのも、どうしても都心の方が地方よりも給料が良いからです。しかし、だからといって安易に動いてしまっては転職を失敗させてしまいます。

 物価や家賃は都心よりも地方の方が安い場合もあり、地方から上京しても生活コストが上がってしまえば待遇が改善されても意味がありません。

 まずは転職希望先の企業がある地域の生活コストをある程度確認しておくということ、その上でその企業で自分がやっていけるかどうかは確認しておいた方が良いのではないでしょうか。



Uターン・Iターン転職って?地方で働く人が増えている理由


zenkoku-tensyoku  地方にある故郷に戻ることを希望し、UターンやIターン転職をする人も増えてきています。実家に戻れば家賃がかかりませんし、都会暮らしに疲れたことを理由にする人もいます。

 また、親などが高齢化し、世話が必要になったからUターン転職を希望する人も多いです。介護がすぐに必要ではなくても、将来的には介護が必要になったり、軽い世話が必要になったことがきっかけになる場合が多いです。

 親は遠慮したり、嫌がる場合もありますが、本音としては子供を側におきたいと思っている場合が多く、子供が実家に戻ると言えば、話がどんどん進む場合も多くなっています。地方で転職すると待遇が悪化する場合も多いですが、業務内容や業務レベルが下がり、気楽に働ける場合も多いです。

 都心部と比べれば競争は激しくなく、求められるスキルや業績も低いからです。激しい競争に疲れた人には地方が合っているといえます。

 また、通勤ラッシュも激しくなり、通勤時間自体も短くなる場合が多いです。都心部では片道2時間以上の人も多くいますが、田舎では片道30分程度の人が多いです。ライバルのレベルも低く、難関大学も田舎には少数なので、都心部ほど高い学歴を求められないこともメリットです。



地元に戻って働きたい!Uターン転職のメリットとは?


u-turn-tensyoku  人それぞれに事情がありますので転職にもそうした事情が反映されます。一般的には都会で働く方が良いという意見が多いですが、その理由は働き口が多いというようなものでそれほど大した根拠が無いものです。

 実際はというと、確かに都会の方が在籍する企業や店舗も多い為必然的に働き口は多くなります。ですが比例して人口も増えますので競争率が高く、体感的には働き口が多いとは言えません。こうした中でUターンでの転職を行う人が増えてきています。

 Uターンとは、地元から離れて働いていた人が帰省して転職を行うことを言います。Uターンをするメリットはいくつかあり、例えば金銭的に楽になるということがあります。地元であれば実家暮らしもできますので賃貸で家賃を支払うよりも安く暮らすことが可能ということです。

 また、1つの求人に対しての倍率が都会ほど高くはなく、正社員として勤務しやすいのもメリットと言えます。通勤・帰宅時に都会と比べて渋滞が少ないので、時間を有効に使いたいという人には向いています。

 Uターンとは真逆のIターンという言葉もありますが、Iターンとは地元で働いていた人が都会に転職することを言います。先に記したようなメリットとは逆にそれぞれデメリットもありますが、自分にとってどうするのが良いかを見失わないようにしましょう。

転職エージェント比較 口コミ評判が良いお勧め転職サイト